エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性

エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性
エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性

エコを考えると資源ごみは重要なものである。

日本は、これまで高度成長期には、便利なものを開発しては、どんどん生産して、使い古すと捨てるということを続けてきました。そのため、どんどんと進化してきたものが多く、特に電化製品については、想像を超えるようなものも、各メーカーが競って作ってきました。その便利な社会になると、古い物を大切にする気持ちが薄まり、修理するよりも捨てて次の新しいものを買う方が、良いと考える考え方が広がりました。しかし、景気が後退し、人々の暮らしに不安が募り始めると、エコということが叫ばれるようになり、限りある資源を大切に使おうとする動きが始まり、近年では、エコの考え方やリサイクル、リユーズ、リデュースの考え方が、一般的になっています。リサイクルは、かなりの場所で実践されていると思います。そして、その広がりや考え方で、最も顕著に現れるのが、資源ごみについてではないでしょうか。燃やせるゴミや燃やしてしまうと、何も残りませんが、資源ゴミは、再利用することが難しいと判断すると、捨てられてしまいます。

本当にエコを考えるなら、その機械や資源ごみが本当に、使うことが出来ないものなのかどうか、修理をしても、無駄なものなのかを考える時が来ていると思います。資源ごみは、だいたいが人々が使い古した物が多いと思いますが、本当に捨ててしまわなければならないものなのか、修理には、相当な金額がかかってしまうものなのか、自力で何とか、修理をすることが出来ないのだろうかと考えてしまいます。そのため、燃やせないごみの日に朝早くから、ゴミステーションを見に行くと、割と役に立つ、まだまだ使えるものが多くある日があります。そうするろt、どんな場合に使えると、どこをどう修理すれば、まだ使えると、などを考えると、資源ごみは、とても大切な物を捨てているように思います。よって、最後まで修理し、使い込んだものだけを資源ごみとして出すべきで、まだまだ使える物や、直せるものは、なおして使うべきだと思います。

Copyright 2017 エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性 All Rights Reserved.